金子隆博はジストニアでもピアノは弾けるのはなぜ?聴くべき作品5選!

芸能
スポンサーリンク

カムカムエヴリバディの作曲でも話題の金子隆博さん!

変わらぬイケメンぶりも話題です!

そんな金子隆博さんは職業性ジストニアという病気にかかっています。

カムカムエヴリバディの錠一郎の病気と同じですね。

でもピアノは弾けるそうです。

それはなぜでしょう?

調べてみました!

スポンサーリンク

金子隆博さんは職業性ジストニアでピアノは弾けるのはなぜ?

金子隆博さんの患っている職業性ジストニアとは以下のような症状です。

中枢神経系の障害により、意思に関係なく筋肉が収縮・硬直する病気「ジストニア」の一種。職業性ジストニアは音楽奏者、塗装工、作家、タイピスト、理容師、スポーツ選手など、似たような動作を頻繁に繰り返す仕事に多く出現し、それらの職業柄必要な、決まった動作時だけ症状が出て動きが妨げられるもの。

引用;コトバンク

原因不明で、治療が特に難しく、病状も長く続いて日常生活の負担が大きい病気です。

金子隆博さんはそれまでサックスを主に演奏していました。

この病気の症状が出るのはサックスを吹こうとするときだけだそうです。

よって、他のピアノなどの演奏は可能なのです。

なぜサックスを吹こうとするときだけなのかは原因不明の病気なのでわかりません。

金子隆博さんの聴くべき作品5選!

金子隆博さんは2005年に職業性ジストニアを公表されました。

その病気の症状が出るのはサックスを吹こうとするときです。

サックスは休業していますが、その他の楽器の演奏や指揮はできるようです。

ピアノやキーボードは弾けるので作曲も可能です!

病気公表後も積極的に活動されていています。

テレビドラマ、映画、舞台などの作曲で40作品以上も手掛けています

みなさん必ず見たことがある作品ばかりです。

特にマルコのおすすめ作品は以下の通りです!

ドラマ・・・すいか、パンとスープとネコ日和

映画・・・・めがね、プール、マザーウォーター

どれも心地よい音楽で、生活に馴染んで、優しい雰囲気になります。

ぜひ聴いてみてください!

まとめ

金子隆博さんは職業性ジストニアでサックスを吹こうとすると症状が出ます。

ピアノなどの演奏は可能なので、作曲や指揮をすることはできます。

金子隆博さんの今後の活躍を期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました