細田佳央太の演技うまい理由!役作りが過酷!

芸能
スポンサーリンク

ドラマや映画に引っ張りだこの細田佳央太(かなた)さん!

「ドラゴン桜」や「恋です!」に出演していて、「演技がうまい!」とかなり注目が集まっています。

難しい役でもこなしてしまう演技力の秘密は?

調べてみました!

スポンサーリンク

細田佳央太さんの演技うまい理由とは?

細田佳央太さんは小学2年生のときにテレビへの興味がわき、芸能界の道へ進んだそうです。

きっかけとなったのは、小栗旬さん

小栗旬さんに憧れて俳優への興味がわいたそうです。

小栗旬さんもGTOでの演技力が絶賛されましたね!

その後から今までの活躍が素晴らしいです。

そんな小栗旬さんに憧れている細田佳央太さんだからこそ、演技の勉強をしっかりしたのだと思います。

細田佳央太さんの役作りは過酷だった!

細田佳央太さんは、ドラマ「ドラゴン桜」ではサヴァン症候群の健太を演じましたね。

このときの役作りがかなり過酷です!

体重を13㎏増やしたのです!

それも、前作が終わって2,3週間の間にです!

とにかくお腹がすく前に食べて、食事回数も5食に増やし、ジャンクフードやお菓子も所かまわず食べていたそうです。

手っ取り早くカロリーを取れたのは牛丼とハンバーガー!

減量ももちろん、増量もかなり大変と聞くので、辛いときもあったでしょう。

でも役のためなら頑張れたと話す細田佳央太さん

ストイックですね!

上は「ラブファントム」、下は「ドラゴン桜」の細田佳央太さん。

別人のようです。

この2つの作品の間に増量したそう!

役作りがすごい!

細田佳央太さんは実は虫嫌い!

「ドラゴン桜」で健太役を演じた細田佳央太さん。

健太は大の昆虫好きでしたね!

しかし、当の細田佳央太さんは生きている虫を触るのは苦手と言います。

標本や動いている虫を見ているだけなら平気だそうですが、触るのはダメだそうです。

 

ではなぜ健太では触れたのでしょう?

それは健太になりきっていたからです!

現場で健太になっているときは大丈夫だったんです!

役者魂を感じますね!

まとめ

細田佳央太さんは小栗旬さんに憧れて演技を磨いてきたから演技がうまいんですね!

そして過酷な役作りも役の為に頑張るからこそ、難しい役にも正面からぶつかっていけるのでしょう!

今後も細田佳央太さんの活躍を期待しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました